お知らせ


2019/01/22

2月12日・25日 平成30年度被災建築物応急危険度判定士養成講習会

Tweet ThisSend to Facebook | by:kanri
 被災建築物応急危険度判定は、余震等による建築物の倒壊や部材の落下などの二次災害を防止するため、阪神・淡路大震災時に初めて本格的に導入され、その後の中越地震や、東日本大震災、熊本地震においても大きな効果をあげております。本県では、平成30年3月末で1,108名の判定士を認定しておりますが、山形盆地断層帯を震源域とする地震の被害に対応するには、更に判定士の増員を図っていく必要があります。
 つきましては、下記により判定士養成講習会を開催しますので、この機会に是非受講いただき、判定士に登録くださるようお願いします。

【庄内会場】

◇日時:平成31年2月12日(火)13:30~16:00
◇場所:庄内総合支庁 4階 講堂(三川町大字横山字袖東19-1)
◇受講申込み:別添受講申込書により2月5日(火)までFAXでお申込みください

【山形会場】

◇日時:平成31年2月25日(月)13:30~16:00
◇場所:村山総合支庁 2階 講堂(山形市鉄砲町2-19-68)
◇受講申込み:別添受講申込書により2月18日(月)までFAXでお申込みください

【2会場共通】
◇受講資格:1級建築士、2級建築士、木造建築士等
◇認定申請:講習会終了後に認定申請を受付します。
認定申請受付 16:00~

◇申請書類:顔写真2枚(カラー縦3cm、横2.5cm)と印鑑(申請者氏名を署名した場合、印鑑は不要です)を御持参ください

◇申込み先:県土整備部建築住宅課 建築物耐震化担当
TEL:023-630-2640 FAX:023-630-2639


※被災建築物応急危険度判定制度については、山形県ホームページをご覧ください。
 また、申請書様式等のダウンロードができます。
 山形県ホームページ(応急危険度判定)
 http://www.pref.yamagata.jp/ou/kendoseibi/180025/taisin/kenchiku-hantei/hisaik-hantei.html


13:53 | 講習会